月曜日はやっこの絵本と子育て

絵本が大好きで、保育園、小学校、カフェなどで絵本の読み聞かせをしています!日々の読み聞かせのことについて書きたいと思います。

【2021年1月11日まで】だれも知らないレオ・レオーニ展in板橋美術館!行ってきました☆

f:id:yaccoehon:20201221145808j:plain

こんにちは!やっこです🤗
土曜日、気になっていたレオ・レオーニ展に行ってきました😉

初めて行く板橋美術館!
2019年の6月にリニューアルオープンして、2年目ということで
とてもきれいな建物でした。

f:id:yaccoehon:20201221150005j:plain

f:id:yaccoehon:20201221150028j:plain

f:id:yaccoehon:20201221150041j:plain

だれも知らないレオ・レオーニ展

『スイミー』は今、小学2年生の教科書にも載っていて、絵本作家として世界的に有名なレオ・レオーニさん。

49歳で絵本作家になるのですが
その前は、グラフィックデザイナーで、アメリカとヨーロッパをいったりきたりしてたとのこと!
なのでタイトルのとおり、
『だれも知らないレオ・レオーニ』とは、
絵本作家になる前のレオ・レオーニさんのことがたくさん展示された展覧会でした。

会場では、ミラノ時代、ニューヨーク時代の広告やグラフィックが展示されていました。
私もはじめて知ることが多く、興味深くみました。

絵本作家になったきっかけ

f:id:yaccoehon:20201221165412j:plain

49歳のある日、
レオーニ一家はデパートに行き、
レオさんが孫の二人を連れて先に列車で帰ることになりました。
5歳、3歳とまだ小さいお孫さん。
列車なので静かにさせないといけない思ったレオさんは
偶然持っていた雑誌の青いページを切り取り丸い形を作りました。
次に黄色いページも、緑のページも。
そして、お話をつくったのです。
お孫さん達はお話にどんどん引き込まれたと言います。
こうして偶然に出来た絵本に友人の編集者が
感激し絵本になり出版されました。

『あおくんときいろちゃん』(至光社)

あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)

あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)

それ以降、グラフィックデザイナーではなく、

『未来のある子ども達に残せるものを』

絵本作家さんになられとのことです。

49歳から40冊発表となりました。

f:id:yaccoehon:20201221133022j:plain

絵本展に行くと、本やネットだけではわからない、その方の生き方が知ることが出来て、展示会は好きです😌

美術館の前には公園もあり

観たあと遊んでいる

親子さんもいて

よい環境だなあと思いました!

f:id:yaccoehon:20201221150638j:plain


最後に私の好きなレオ・レオーニさんのおはなしです。

『フレデリック』(好学社)

* * * *

小さなねずみ達は

冬に備えて、

食べ物を集めたり準備中。

でもフレデリックだけは
何もしていようにみえる。

「なにしてるの?」

「光、音、ことばをあつめてるのさ」と。

そして、

冬になり

最初は食べ物もあり、
みんな楽しかった。

しだいに

食料もなくなり

そこでフレデリックのでばんです。

食べ物でもなく、みんなをとりこにしたのは・・・


* * * *

素敵な言葉で人をあたたかな気持ちにさせてくれたフレデリック。

コロナの今だからこそ、言葉の大切さがわかる絵本だと思います!

※掲載している写真は撮影OKなところで撮った写真です。

レオ・レオーニ展の詳細の記事はこちらです↓
www.yacco-ehon.com