月曜日はやっこの絵本と子育て

絵本が大好きで、保育園、小学校、カフェなどで絵本の読み聞かせをしています!日々の読み聞かせのことについて書きたいと思います。

こうなったのは誰のせい?絵本『二番目の悪者』

こんばんは。やっこです。

4月から6年生になる息子。最後の読み聞かせの学年となりました。
1年間のうちのどこかで、この本は読みたいです。

高校生、大学生、社会人のかたにも良い内容だと思います。 


『二番目の悪者』
作︰林木林 絵︰庄野ナホコ

f:id:yaccoehon:20200323221057j:image

* * * *
昔、金色たてがみをもつライオンがいた。
この国では、じきに新しい王さまを決めることになっていた。

金色のライオンは

「わたしこそ、王にふさわしい」
と思った。


しかし、最近よく聞く銀色のライオンのうわさ。


「すごく優しいライオンがいるんだって」


金色のライオンはその銀色のライオンを見に行くと、 ふくろくのおばさんの家をなおしたり、仲間を助けたり、 うわさ通りのよいライオン。


「新しい王の座を奪われる」


と思った金色のライオンは
銀色のライオンの悪いうわさを流すことに。

 

「みためによらない乱暴もの」


最初は誰も
「あのいいライオンがそんなわけない」

と、誰も信じなかった。
だが、金色のライオンも悪い噂を流し続けている。

噂を真実のように変わっていく。
次第に街のみんなは信じるようになった。


そして、金色のライオンは新しい国王に選ばれた。
金色のライオンは好き勝手に暮らす。

黄金が好きで、

自分だけ贅沢して、街のみんなに分け与えない。


そして国は、荒れ果てた。


****

国が滅びるまでなってしまったのは

一番悪いのは、金色のライオン。

 

では二番目に悪かったのは?

 

ここですごく考えさせられた。

噂を流したもの?

確かめず信じてしまったもの?

誰だろう?

読んでて、今の世の中に当てはめると思った。

テレビをつけると流れる世界中のコロナニュース。

こんな世の中になってしまったのはなぜだろう?

 

色々考えられる素敵な本です。

絵も綺麗です。

(読み聞かせ 時間 約15分)

 

二番目の悪者

二番目の悪者

 

 


 

↓ブログ村ランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村