月曜日はやっこの絵本と子育て

絵本が大好きで、保育園、小学校、カフェなどで絵本の読み聞かせをしています!日々の読み聞かせのことについて書きたいと思います。

私が本を好きになったきっかけ【火車】宮部みゆき

今日は節分ですね。我が家には鬼が二人くる予定です。(旦那と私)

 

さて、私は20歳まで、本をまったく読みませんでした。
絵本は息子が幼稚園に入って、読み聞かせの講座に行ってから好きになったので、30歳位から好きになりました。


そんな私が今では、

私にとって「本」はなくてはならないもの。
家事、育児に忙しいとき、10分とかでも、読むとリフレッシュになります。


子どもと夜寝る前に読む、絵本の読み聞かせもとても楽しみの時間。


同じくらい一人でゆっくり小説やエッセイを読むのが大好きです!お風呂にゆっくり入れるときは読書してます🛀


なぜ突然20歳から本を好きになったのか?!


なぜなら、通勤電車1時間半がすごくひまだったからです(笑)


まだスマホの時代ではなく、
音楽とかも聴かない私は、


さらりと!父が勧めてくれたのが
(父と母は本が好き)


『火車』

f:id:yaccoehon:20200203113324j:image

 

なんか衝撃のタイトル!!!

何回も読んでてボロボロです😅


内容は

****
ある刑事が、親戚の男性から婚約者がいなくなったので探して欲しいと頼まれ、探すことに。

すぐ見つかると思いきや、調べて行くと、

その婚約者
借金して自己破産してしまっていて、この世にはいない人。

すでにいない人の名前を使い、別の人になっていた婚約者。

 

彼女は今どこにいるんだろう?


ミステリー小説

****

一瞬でハマってしまいました。
実は短大卒業後、就職して数カ月だけ消費者金融で働いたことのある私。
働いてみてまったく合わないため、すぐに転職しました。(転職先が1時間半の職場)

消費者金融をやめて間もない時期にこの本に出会い、借金がどうにもこうにもならない本の内容が、リアルに感じられ、私は小説の世界に入り込んでました。
ハラハラ、ドキドキで読んでいると1時間半の通勤が全く苦に感じませんでした。


一回、おもいっきり電車も乗り過ごしました^^;

「かわさき~  かわさき~」とアナウンスが・・・


この本をきっかけに、宮部みゆきさんの本はほとんど読みました!


絵本はほんわかしたとした、幸せを感じる作品が好きですが、小説は真逆なミステリー系が好きです。

 

私が本を好きになったきっかけの1冊です。

火車 (新潮文庫)

火車 (新潮文庫)

  • 作者:宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1998/01/30
  • メディア: 文庫
 

 

理由 (朝日文庫)

理由 (朝日文庫)

  • 作者:宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2002/08/01
  • メディア: 文庫
 

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村