やっこの絵本と子育て

絵本が大好きで、保育園、小学校、カフェなどで絵本の読み聞かせをしています!日々の読み聞かせのことについて書きたいと思います。

ユーフラテス ☆絵本『中をそうぞうしてみよ』&日本むかしばなし『ねことねずみ』

こんにちは!

絵本よみきかせマイスター®のやっこです。

最近、読み聞かせで子ども達にとても反応が良かった絵本です!

 

『中をそうぞうしてみよ』

中を そうぞうしてみよ (かがくのとも絵本)

中を そうぞうしてみよ (かがくのとも絵本)

  • 作者: 佐藤雅彦,ユーフラテス
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2012/03/10
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る
 

「このいすにはたくさんのくぎがつかわれている なんぼんささっているかそうぞうしてみよ」 ではじまります。

みんな絵本をじーっとみて数えはじめて
「○○本!」「○○○本⁉」と色々反応がありました!
私も「○○⁉」と
コミュニケーション取りながら読みました。

その他は「あかあおえんぴつの中をそうぞうしてみよ」とか「ひとつはほんもののはな、ひとつはつくりもののはな 中をそうぞうしてみよ」

とか子供が色々答えてくれるのて楽しく読むことができました。

初めて読む絵本だとどんな反応か心配ですが、この絵本は季節や、年齢に関係なく楽しめる絵本だと思います!


読み聞かせで、一冊目は↑のようなユーモアのある本読んだあとは
2冊目はバランスを考え、真面目な良い話

日本むかしばなしを読みました。

『ねことねずみ』 

ねことねずみ (いもとようこの日本むかしばなし)

ねことねずみ (いもとようこの日本むかしばなし)

 

おそらのぽっけ保育園で景山先生が読まれていた本で、読んでみたいなと思っていた本です。

いもとようこさんの文と絵で、ねこさんとネズミさんの優しい思いやりのあるお話です。

2年生に読み聞かせでいざ読んでみると「あれ?なんか私うまく伝えられてない⁉」

と感じてなんだか自分の読みかたが違う気がしました。

このお話しをどうしたら子ども達に「思いやり」が伝わるかなと考え

 

ねこ・・家族思いのお兄ちゃん

ねずみ・・かわいらしい弟

を意識して全体的に思いやりの心を込めて読んでみました。

そして昔話だけどナレーターのように読むのではなく、自然な感じで読み聞かせしました!

そうしたら自分でもしっくりきて、

子どもたちもとても真剣に聞いててくれました😃✨

 

最近はこの2冊を1、2年生に読み聞かせしています😸✨