月曜日のやっこの絵本と子育て

絵本が大好きで、保育園、小学校、カフェなどで絵本の読み聞かせをしています!日々の読み聞かせのことについて書きたいと思います。

絵本『はがぬけたらどうするの?』歯が抜けると世界ではどうするの…?

こんにちは!やっこです♪

小学4年生のお兄ちゃんがまだ幼稚園年中のときのおはなしです。

どこかの病院の待合室で、なにげになく、手にとって見た絵本。

 

はがぬけたらどうするの?』

はがぬけたらどうするの?―せかいのこどもたちのはなし

はがぬけたらどうするの?―せかいのこどもたちのはなし

  • 作者: セルビービーラー,ブライアンカラス,Selby B. Beeler,G.Brian Karas,石川烈,こだまともこ
  • 出版社/メーカー: フレーベル館
  • 発売日: 1999/05/01
  • メディア: ハードカバー
  • クリック: 12回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る
 

 

乳歯が抜けたとき、「どういうことをするのか?」は国々によって違います。

そんなことを、楽しく教えてくれる絵本です。

例えば、抜けた歯を投げたり、歯を枕の下において妖精が来てお金をおいてく、そんな感じのお話しがあります。

 

息子も娘も二人とも真剣に、その本を聞いてくれていた記憶があります。

 

それから時は過ぎて、息子が年長なったときのこと。

息子がラムネを食べていたとき、グラグラしてた息子の歯に、

衝撃が!!

血が!!

ついに、歯が抜けるときが!!!
(はじめてで親子共々びっくりして最終的に歯医者で抜いてもらいました)

 

息子の記憶に残ってたのが、枕の下に置くというおはなし!!

夜になると、息子は枕の下に歯を置きました。

 

「どうしよう」 
「アメリカのようにお金が置かれると思ってる… 」
「お金あげるのは早い気がする…」 


悩んでるうちに2日すぎ、

「妖精とりにこないねー」

と落ち込んだり

そこで、当時流行っていた「妖怪メダル」を枕のしたに2つ入れてみました。

 

朝起きて大喜び~!

 

想像以上の喜びにこっちもサンタさん気分で楽しい。

それから2~3年…

5本の抜けた歯はメダルになりましたo(^-^)o

 

**2018/7/29 ただ今小学4年生**

久しぶりに歯が抜けそうです!

それも大きい歯です。

抜けたら、「枕の下に何にしようか?」と考え中…o(^-^)o